アダルトサイトでの自慰行為と秋葉原風俗遊びの危険性の比較

アダルトサイトは風俗営業法が帰省しています。映像送信方性風俗特殊営業となります。ただし出会い系サイトのようなサイトはアダルトではあるのですが、風俗営業法が規制しているものではありません。出会い系サイト規制法が規制します。風俗営業法で帰省したかったのはやまやまでしょうが、迅速に対応する必要もあり、コチラの法律で規制することとなったのです。

主に管理者に対しては18歳未満の児童が利用しないように対応を求めるもので、禁止誘引行為などは利用者に関する事項になります。この手のアダルトサイトであれば、18歳未満の児童でないことを、どのような形で確認しているのかということをポイントに最初の判断を行ってみましょう。

これは他のアダルトサイトにも言えることですが、クレジットカード決済が出来るサイトは、カード会社が調査済みということになります。ある程度は信頼できるものですから、クレジットカード決済が出来るサイトならば、そこまで悪質ではない可能性が高くなります。

出会い系サイト規制法は施行されてから、18歳未満でないことを確認する方法として、クレジットカードの決済で判断する店舗が増えています。出会い系サイト規制法は「年齢が何歳か」は問題としていません。「年齢が18歳未満の児童ではないこと」これが重要なのです。

であれば、クレジットカードを追っているということで18歳以上だということは担保されていますよね。この確認で足ると、法律も認めているわけです。ですから悪質でないサイトは、クレジットカード決済を取り入れています。もちろん悪質なサイトもそれがしたかったでしょうが、カード会社のほうが調査でそれを許しませんよね。

ただしそのサイトの決済ではなく、関連会社が収納している格好をとれば、悪質サイトでもクレジットカード決済が出来ないとも限らないのです。「クレジットカード会社との契約があれば安全性が高い可能性がある」だけの話で、「必ず安全」ということではありません。安心材料のひとつに過ぎないということは、考えておく必要があります。

あとはクチコミを参考にしましょう。誹謗中傷的なものは同業者の嫌がらせも考えられ、信ぴょう性は低くなりますが、納得出来る内容の「悪いクチコミ」は考慮すべきです。登録を行わないほうがいいかもしれません。ただし、ネット上のことは自己責任の範疇が大きくなります。

最終最後は自己判断の正しさがどこまであるのかということに終始します。