秋葉原の風俗嬢の生理の日の過ごし方が気になったりした事ってありませんか?

生理の時は菌が侵入しやすくなっていますし、体調も女性はあまりよくありません。そのため風俗嬢も生理の時は余程のことがない限り、休みを取ります。ただ性行為の類似行為がサービスですから、本来ならば風俗嬢の性器が触れなくっても、サービスは行えますよね。

だからということで「今日は生理だから、下着が脱げない」という事で接客するというケースも中にはあります。でもお客さんとしては「同じ料金で触れる時と触れない時があるなんて」と、納得できません。そういう事もあって、今は「生理の時は休む」というのが一般化しています。

ただし風俗で働いている女性の年齢層は若いので、生理日が不順だったりします。風俗で働いていることで不順になる場合もあります。「いつ生理になるのか把握できない」では、店側も困ってしまいます。そこで「生理日をコントロールする」ということに至ります。

ピルなどを服用すると、生理日はコントロールすることが出来ます。「生理を全く止めてしまう」と、健康被害がでますので、それはしません。計画的にシフトが組めるように調整するため、ピルなどは有効だという話です。この姿勢は、風俗全般に言えるのではないでしょうか。

昔は生理であっても海綿などを使って、プレイ中に血液がでないようにすることが流行っていました。タンポンだと糸が外に出たり、指を入れたときに違和感を相手が覚えるものであることから、それに成り代わるような方法が海綿です。しかし衛生的ではありませんし、奥に入りすぎて取れなくなるなども頻繁にあります。

奥に入りすぎて取れなくなったり、入れていたことを忘れたりすると、そこに雑菌が繁殖して大変なことになります。また血液ですから、性病リスクも更に高まってしまいます。しかしソープランドやヘルスなどで働く女性が少なく需要が過多であった時代には、「そうでもしてもらわないと、店が回らない」なんてこともあったわけです。

その頃の風俗嬢は、本当に体力的にも大変であったことでしょう。それだけ稼げる時代とも言えますが、代償は大きかったと考えられます。健康被害は現在と比べ物にならなかったのではないでしょうか。今では働く女性も多くなり、お店も増えています。

きちんと休養をとらせてあげる余裕が出来ています。「そこまでして働かせている」というのは、お店としてもあまりに過酷な労働を敷いている格好になりますので、そういうこともありません。